内閣府所管
企業主導型保育園

ゆずのき保育園 都島区 城東区 東大阪市岩田町

06-6927-0327

お問い合わせフォーム

ごあいさつ

代表理事ごあいさつ

こどもたちの
「豊かに生きる力」のために

現在、社会は進化し続けるAI(人工知能)などによって人類史上最速のスピードで変化しております。10年〜20年後には現在の職業の47%がなくなると言われております。今のこどもたちは、大人になった時そんな予測不能な社会で生きていかなければなりません。私たちの時代とは全く違う社会がすぐそこまでやってきているのです。

改定された保育所指針では福祉施設である保育所も教育機関として位置づけられました。教育って聞くと算数や国語や英語を思い浮かべますが、保育所で行う教育とは、生涯にわたる人格形成の基礎を培う資質・能力を育むことを言います。

知識を得たり、記憶したり、正しく読み書きができるといった認知能力(知力)を丁寧に育てていくことは保育の課題の一つですが、それと同時に認知ではない能力、非認知能力を育てることがとても重要になってきています。 非認知能力とは点数では計れない、しかし人間にとってとても大事な力です。例えば旺盛な好奇心や集中力、自己を制御する力、あるいは「僕は○○ができる!」という自己肯定感や有能感、頑張りどころでは頑張ることが できる力、または楽天的であることなど。

そういったものを「情動をコントロールする能力」という意味で「情動的スキル」といいそれは社会性にも関わることなので「社会情動的スキル」とも呼ばれています。社会情動的スキルの基礎が大きく育つのは乳幼児期。とりわけ0歳、1歳、2歳台だといわれています。

この社会情動的スキルの基礎を培うために当園では人・物・環境に主体的に関わろうとするこどもの姿を保育目標としています。

主体的とは自分から進んでやろうとすることと同時に、自分がやろうすることに見通しを持って振り返ること。がんばって働くパパやママを応援しながら、こどもたちの未来を豊かに生きるための人生の土台をつくってあげたい。そういう想いでゆずのき保育園は誕生しました。

一般社団法人わかば会 代表理事 北川 剛司

都島園園長 ごあいさつ

子どもたちの幸せを
第一に考えています。

都島ゆずのき保育園では子どもたちの幸せを第一に考えています。子どもたちが毎日生き生きと輝く笑顔で過ごせるよう保護者の方や地域の方と一緒に手を取り合い、常に子どもにとっての最善を探しています。その中には遊びを通して獲得する生活習慣であったり、保育士と共に友達と一緒に遊べるようになったりと「何でも楽しみながら」(主体性)ということを大切にしています。そして日々の生活で保育士・保護者・友達と関わることで「自分は愛されている」と肌で感じてもらえるようなぬくもりを何よりも大切にしたいと思っています。「子どもたちが保育園が楽しい!」と思ってもらえるよう職員一同、安心安全な環境づくりはもちろん、働くお母さんにとってもホッとできる保育園を常に目指しています。

城東園園長 ごあいさつ

職員全員が ひとりひとりを大切にしよう!!
という気持ちを持って 保育をしています。

ひとりひとりの気持ち、個性、環境を受け止め 毎日を笑顔で過ごすことができるよう最善を求めています。 毎日の生活の中で 大切にされているという実感があれば 情緒が安定し、主体性を持って遊ぶことができます。 保育士、保護者、お友達、地域の方々との触れ合いを大切にしながら お父さん、お母さんにも心があったかくなるような保育園でありたいと思います。

岩田園園長 ごあいさつ

こどもたちの『やりたい』という気持ちを大切に

岩田ゆずのき保育園は、少人数ならではの家庭に近い環境で、こどもたちが安心して生活できると同時に 保育者や友だち、地域の方々との関わりを通して、社会性が身につくことを考えています。 また0,1,2歳児の保育、教育の基盤づくりは、こどもたちが幸せな人生を送るやためにとても大切なことです。 基本的な生活習慣はもちろんのこと。戸外遊びを通した身体づくりと、好奇心や挑戦する気持ちを育み、 生きる力をつけられる保育園を目指し、職員一同温かい気持ちで保育園づくりをしていきたいと思います。